東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺
東京都港区-品川駅の鍼灸院|はりきゅうルーム カポス
オフィシャルブログ

整動鍼を一番活かせる場所に飛び込もう!

" 佐藤廉, スタッフ研修 "

2018年10月22日

 

10/17に活法ラボに入社しました佐藤廉(さとうれん)です。

 

配属先は品川のカポスになりますが、恒例の?新人研修のため、数か月は群馬の養気院に勤務しています。

 

まだ群馬に来て数日ですが、「晴れの日が多く、自転車通勤が気持ち良い!」のですが、養気院のスタッフいわく、、「ここら辺は風が吹くとスゴいから…」とのこと。風にも雨にも負けず、丈夫な体で自転車通勤を続けたいところです。

 

 

 

 

今日は私が活法ラボに入社するまでの経緯を少し書かせていただきます。

 

私は、これまで鍼灸マッサージ院、整骨院、鍼灸専門院などいくつかの職場に勤めてきました。

 

勤務年数を重ねていくにつれ、肩こりや腰の痛みが「楽になった」と言ってくれる患者さんは増えていきました。だけど、「治った」と言ってくれる方は、多くなりません。そこにもどかしさを感じたのです。患者さんに治ったという感覚を持ってほしい。そう感じてもらえる治療法を身に付けたい。そういう思いで情報を探すようになりました。そんな時、栗原代表のブログと出会い、整動鍼を知ったのです。

 

そこに書かれている理論に興味がわき、実際に受けてみたい、やってみたいとセミナーに参加することにしました。そこで、私が目にしたのは、これまで見てきた鍼治療とはまったく違う光景でした。

 

1本の鍼で身体のどこに変化が出るのかとても緻密に説明されていて、しかも、その通りの変化が出て、症状もなくなっていくという衝撃。

 

自分が思っていた鍼の効果の、さらに上をいく結果に、「すごすぎるでしょ!!!」と興奮状態でした。

 

マッサージと鍼灸を組み合わせたりすることも悪くはないのだと思います。けれど、整動鍼の力を知ってしまうと、組み合わせて施術することで、効果がまったく違ったものになってしまう。治療しているつもりで、逆に患者さんの負担を増やしているではと考えるようになりました。

 

それからは、当時の職場で、学んだことを活かそうとあれこれ試してみましたが、業務内容がマッサージ中心であったり、思うように鍼灸ができない職場だったこともあり、なかなか学んだことを活かす環境を作れませんでした。

 

究めたいと思う技術が見つかったのに、それが出来ないことが苦しく、それならば、いっそこの技術を一番活かせる場所に飛び込もう!と、活法ラボへ応募し、この度入社の運びとなりました。

 

研修は始まったばかりですが、さっそく秘密の特訓にも参加させてもらい、入社した実感が少しずつ湧いてきています。養気院でビシバシ鍛えてもらい、パワーアップした姿でカポスへ向かえるようがんばります!

 

 

この記事を書いた人

はりきゅうルームカポス(鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師)

 

整動鍼の理論と技術に魅せられ、この道を究めたいと入社を決意しました。

不調を抱える方の力となれるよう励んでいきます。

趣味は、食べ歩き(お酒付き)

好きな言葉は、「人間万事塞翁が馬」

 

カテゴリー: 佐藤廉, スタッフ研修.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 03-6277-1455
  • 港区高輪3-25-27 アベニュー高輪901
  • ご相談・お問い合わせ
Twitter