東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺

後頭神経痛

後頭神経痛もカポスの専門領域です

 

後頭神経痛の特徴

後頭部の頭皮がピリピリ、チクチク痛む 頭皮や髪の毛を触ると痛む
頭のてっぺんがキリキリ、ヒリヒリ痛む 耳の後ろが痛む
一瞬の電撃的な痛みを繰り返している じわっとした違和感、しびれ感が残る
押すとズキッと痛む 頭皮の感覚の鈍さや、違和感を感じる
パソコンやスマホをしていると悪化する 痛み以外には吐き気などの症状はない
痛み止めを飲んでも効かない

 

後頭神経痛の原因

後頭神経痛_イラスト

 

後頭部の筋肉の過緊張が、後頭神経の過敏な状態を引き起こします。

 

筋肉を適度な柔らかさに戻すと、神経の過敏性も解消されます。その結果、痛みが和らぎます。

 

後頭部に「風池」というツボがあります。

 

風池_イラスト

 

風池が凝ると、後頭神経が過敏な状態になります。その結果、頚の付け根から始まり、後頭部、こめかみまでがズキズキ、キリキリ、電気が走ったようにビリッとひどく痛みます。頭の表面や髪の毛を触るだけで痛みを感じることもあります。

 

一般的に後頭神経痛の原因と考えられているものは、多岐にわたります。

 

・血管の圧迫
・むち打ちなどの外傷
・頭や頚の手術
・感染症(単純ヘルペス、帯状疱疹)
・頚の骨の異常(関節リウマチ、変形性頚椎症)
・肩コリ・首コリ

 

最近はパソコン作業やスマホ、ゲームによってうつむき姿勢をとる時間が増えたため、それに伴い後頭神経痛も増加する傾向にあります。偏頭痛、緊張性頭痛に続き「第3の頭痛」とも呼ばれています。

 

危険な頭痛との鑑別

後頭神経痛はその独特の痛みから「脳の異常では?」と不安になる方も多くいます。

まずは脳神経外科や頭痛外来を受診し、危ない頭痛と鑑別することが重要です。

 

すぐに救急車を呼んだ方が良い症状

 

☑ 突然ハンマーで頭を殴られたような激しい痛みがある
☑ 痙攣(けいれん)を伴っている
☑ 手足の麻痺・しびれがある

☑ 物が二重に見える

早急に脳神経外科・頭痛外来を受診した方が良い症状

 

☑ 高熱がある

☑ ここ1ヶ月で症状がどんどんひどくなっている

≫ 危ない頭痛の詳しい情報はこちら

 

迷った時はお気軽にご相談ください。当院で対応できるかどうか判断いたします。

 

後頭神経痛は手足や背中のツボで治療できる

後頭神経痛を引き起こすコリの多くは後頭部に存在していますが、実際にそのコリを作り出している「原因」は全身にひそんでいます。

 

パソコン作業で疲れた背中。同じ角度で固まった肘。一日中タイピングしている指先。
スマホを支えている指、手首。画面をのぞき込んでいる眼、頚すじ…。

 

なにげなく日常で繰り返している動作、これらすべてが後頭神経痛の引き金になります。一人一人の生活背景が違うように、一人一人で原因は異なります。

 

後頭部のコリに直接マッサージや鍼をすると、その場で痛みが軽くなります。

しかし原因が残っている以上、これらはあくまでも一時的な効果に過ぎません。

 

「原因」を見つけ出し、適切なツボに鍼をすることが根治には必要です。

後頭神経痛のツボ

後頭神経痛に対してカポスがよく使うツボ

 

実際の治療では、お一人お一人の症状や状態を診ながらツボを選んでおります。

図に記したツボの位置はイメージです。

 

後頭神経痛の原因を解決する技術の向上に努めています。

改善例の一部をご覧ください。

 

後頭神経痛_症例_バナー

 

患者様の声(頭痛編)

  • 診療日のご案内
    « 2017年9月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 定休日
    • 臨時休
  • 診療案内
    診療案内
  • アクセス
    品川駅からカポスまでのアクセス
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • 最近の投稿
  • ツイッター
  • 専門家・メディアの方へ
    取材依頼受付フォームへ移動
  • お気に入り
  • 群馬県の鍼灸院(養気院)
  • 鍼灸師のための古武術整体「活法研究会」
  • 鍼灸院ホームページ制作
  • カポスのクチコミと評判(ヘルモア)
Twitter