東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺
東京都港区-品川駅の鍼灸院|はりきゅうルーム カポス
スタッフブログ

カポスでの支払いにPayPay(ペイペイ)を導入したので、使い方を説明します

" 施設, 坂口友亮 "

2018年12月8日

坂口友亮です。

 

2018年12月7日から、カポスでの支払いにPayPay(ペイペイ)を導入しました。

 

そもそもPayPayって何?どうやって使うの?という方も多いと思いますので、この記事ではPayPayについて説明していきます。決済の流れはとても簡単です。

 

最後にカポスがPayPayを導入した経緯も書いていますので、良ければそちらもご覧ください。

 

PayPayとは

PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが共同で設立したPayPay株式会社が運営する、QRコード決済サービスです。

 

利用料は無料で、スマートフォンさえあれば簡単に決済ができます。

 

支払額に応じて還元を受けることもできます。

 

 

お支払方法

①スマートフォンでPayPayのアプリを起動する

 

画面下の「スキャン支払い」を選択し、画面をQRコードにかざします

 

 

②QRコードを読み込む

 

③店名を確認→金額を入力

 

④スタッフと金額を確認→「支払う」をタップ

 

支払いが完了したら、完了画面をご提示ください。

 

 

 

PayPay公式でも、支払いの方法を動画で説明しています。

 

 

※カポスはバーコード支払いに対応していませんので、ご注意ください。

 

 

PayPayを導入したワケ

カポスでは開業当初から現金支払いにのみ対応してきました。クレジットカード支払いには対応していません。「PayPayを導入するならクレジットカードにも対応して欲しい」という声も聞こえてきそうですが、現時点で予定はありません。正直に言うと、今回PayPayを導入したのはメリットしかなかったからです。

 

  • QRコードを読み込むだけで決済できるので、周辺機器が必要ない
  • 簡単に決済・返金ができる
  • 店舗側の初期導入費用・決済手数料・入金手数料が3年間無料

 

クレジットカード支払いに対応している店舗でも、実際にクレジットカードで支払おうとすると嫌がられるケースがあります。気持ちはわかります。

 

クレジットカードを使用するには、カードリーダーなど周辺機器を購入する必要があり、決済や入金の際には手数料がかかります。直接的には店舗の売り上げが落ちることが問題ですが、そのツケはサービスの低下や値上げに反映されてしまいます。

 

今回PayPayを導入したのは、それらの負担がなかったからです。鍼灸院も患者さんも負担なく、利便性が向上する。ならば導入しない理由はありません。

 

 

PayPayを導入した翌日、さっそく会計の際に「PayPayで」という患者さんがおられました。驚くほどスムーズに会計が済みました。仮に金額を間違って入力してしまった場合でも、こちらの管理画面からスムーズに返金ができます。

 

便利な時代になったものだな、と思いました。

この記事を書いた人

はりきゅうルーム カポス(鍼灸師)

本物の鍼を追究するために大阪からやってきました。

患者さんに「鍼って本当に効くんですね」と言ってもらえた時に、鍼灸師としてのやりがいを感じます。

 

好きな言葉は「勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし」 趣味はサウナ。

 

≫詳しいプロフィールを見る

カテゴリー: 施設, 坂口友亮.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 03-6277-1455
  • 港区高輪3-25-27 アベニュー高輪901
  • ご相談・お問い合わせ
Twitter