東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺

スタッフ

カポス_スタッフ_カウンター

 

坂口友亮(鍼灸師)

氏名 坂口友亮 SAKAGUCHI,Tomoaki カポススタッフ(坂口友亮)
出身 大阪府
血液 A型
趣味 オフロードバイク サウナ
特技 パンク修理
好きな映画 インセプション
好きな言葉 勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし(松浦静山)
免許証_はり_坂口友亮 免許証_きゅう_坂口友亮

2016年入社。本物の鍼を追究するために関西からやってきた、自信家なようでいて実はシャイ。そして素直。現状に満足せず、研究熱心で勉強家。特に効率や合理性への追究も怠らず、患者さんに全エネルギーを注ぐための環境づくりに余念がない。施術においても、確かな変化を出すことに妥協は見られない。好きなことにはすぐに夢中になってしまう子供のように無邪気な一面も。ただし、声は太くてよく通る。

坂口から皆様へ

 

坂口友亮私が鍼灸師を志したのは大学生の時でした。

 

当時バドミントンに夢中でした。しかし肩を痛めてしまい、思い切りラケットを振ることが出来なくなってしまいました。様々な治療を受けましたが、元通りに回復することはありませんでした。整形外科では肩の痛むところを直接施術してもらいましたが、その場は良くなっても、根本的に解決することがなかったのです。

 

自分で何とかできないものかと考えるようになり、技術を身につける決心をしたのです。そこで鍼灸を選びました。患部と離れた場所からのアプローチ(遠隔治療)が出来ると聞いていたからです。別の視点から身体を観ることが出来れば、肩も良くなると感じたのです。

 

そして鍼灸師になりました。しかし理想の技術に出会えず、また私の肩の悩みも消えないままの日々。諦めたくない私は「この症状の改善に間違いなく鍼が必要だった」と言える技術を探し求めました。実は鍼灸に対して2つの疑問を抱き、大きな悩みとなっていたのです。

 

一つは、鍼のサイズです。鍼の直径はたったの0.1mmほど。施術をするたびに「鍼をするのはここで良かったのか?」という思いが頭を離れることがありませんでした。

 

もう一つは、施術の効果です。免許を取って最初に勤めていた鍼灸接骨院での出来事です。逆流性食道炎の患者さんがやってきました。全身にまんべんなく鍼施術を行った結果、2回の施術で症状が無くなりました。しかし、よくよく聞いてみると、鍼施術と同時にそれまで服用していた薬を止めていたのです。鍼が効いたのか、薬の副作用がなくなっただけなのか、分からず終いでした。

 

なかなか鍼の効果に自信を持つことができないまま、悶々としながら仕事をしていました。そんな時です。カポスの「整動鍼」と出会いました。整動鍼では、ミリ単位のツボを触診によって探し出します。それによって、鍼をする位置が1点に定まります。実際に体験してみても、鍼をする位置がたった1mmズレるだけで効果は大きく違います。

 

さらに、1本鍼をするごとに身体に起こる変化を確認できるので、改善した時に鍼の効果であることを疑う余地がありません。

 

「鍼は信じなければ効かない」と言う人もいますが、そんなことはありません。精度の高い鍼治療は誰の体にも変化を引き起こします。カポスで確かな変化を体験してください。

 

坂口友亮の記事(ブログ)を見る

 

浦井百合(鍼灸師・柔道整復師)

氏名 浦井百合 URAI,Yuri 浦井モノクロ
出身 神奈川県
血液 O型
趣味 猫と遊ぶこと サウナ
特技 格闘技(グラップリングレスリング、キックボクシング)
好きな映画 きっと、うまくいく
好きな言葉 なんでもない日、おめでとう
免許証_はり_浦井百合 免許証_きゅう_浦井百合 免許証_柔道整復師_浦井百合

2015年入社。長年格闘技を続けており、身体に高い関心を持つ。真面目で粘り強く絶対に諦めない姿勢は社内随一。沈着冷静で落ち着いた雰囲気の奧には熱い情熱を秘めている。見えない部分で力を発揮するタイプ。女性らしい気配りでカポスを支えるお姉さん的存在。

浦井から皆様へ

 

浦井_似顔絵入社する前から、栗原オーナーのブログ、『鍼灸師のツボ日記』の読者でした。ある日の記事が私の転機となりました。その記事とは「鍼灸学生に伝えたい”プロっぽく見える方法”」です。「カポスで働きたい」と思った一文がこれです。

 

医療というのは、患者さんの「してほしい」に従うことではなく、「悩みの解決」に向けて、必要だと思うことを医療者が選択し提案することです。(中略)触診でも医療系とリラクゼーション系では求められるものが違います。リラクゼーションでは最も気持ちよいポイントが重要だと思いますし、そこをきっちり分かっている人ほどプロとして評価されます。

 

痛いほど心に突き刺さりました。私の悩みをズバリと指摘したものだからです。

 

当時の私は他の鍼灸院で働いていて、”患者さんがして欲しいところに鍼をする”というスタイルを実践していました。

 

これは“治療”というより、鍼灸治療を模した“慰安(リラクゼーション)”でした。正確なツボで効果を出すことより、患者さんの”やってもらった感”の方が大切だったからです。

 

「気持ちよかったよ」と言われることがあっても、「鍼が効いたよ」と言われることはありませんでした。「これは本当の鍼灸治療と言えるのだろうか?」と、毎日自問していたのです。”現状を打開する技術を見つけなければ!”という焦りもありました。

 

答えを求めて、カポスの治療を受けに行きました。

 

その鍼治療が私の葛藤をすべて吹き飛ばしてくれました。施術室での驚きは今でもはっきりと覚えています。自分でも気が付かなかった痛みの原因を指摘され「何で知っているんですか!?」と声が出ました。

 

痛い患部に鍼をしていないにも関わらず、痛みがその場でキレイに消えました。まるで水に流れていくかのようにスッと。こんなに効果をはっきり認識できる鍼治療は初めてでした。

 

帰る頃には決意していました。「この技術を身につけたい!」と。

 

鍼灸院をお探しであれば、ぜひ真の改善を望めるところを選んで頂きたいと思います。カポスの技術に魅了された者として、カポスをおすすめします。ぜひ、私と同じ体験をしてください。

 

浦井百合の記事(ブログ)を見る

 

 

秋澤英樹(院長/鍼灸師)

氏名 秋澤英樹 AKISAWA,Hideki カポス院長(秋澤英樹)
出身 栃木県
血液 B型
趣味 カメラ(Nikon) スポーツ観戦 サウナ
特技 人の顔を忘れない
好きな映画 海猿
好きな言葉 ・水五訓(黒田如水の教え)
・Why join the navy if you can be a pirate?
 海賊になれるのに海軍に入る意味なんてあるのか?
 (スティーブ・ジョブズ)
免許証_はり_秋澤英樹 免許証_きゅう_秋澤英樹

鍼灸師でありながら古武術整体に精通し、整体師としても数多くの臨床経験を持つ。鍼灸師のための整体研究会(活法研究会)では2009年より講師を勤め、全国の鍼灸師に整体術を指導している。2013年、高い技術と将来性を見込まれカポスの院長に抜擢された。オーナーの栗原から伝授された技術に磨きをかけ、大胆かつ繊細に患者様の要望に応えている。カポスでは鍼灸術に専念しているが、探求心を抑えきれず休日には整体術を研磨している。

秋澤から皆様へ

 

品川カポス院長 秋澤英樹患者さんの笑顔を見た時は、本当にこの仕事をしていて良かったなと嬉しい気持ちになります。症状の変化が乏しい場合は何が悪かったのだろうかと悔しい気持ちでいっぱいになります。

 

すべての方に「カポスに出会えて良かった」と言って頂ける鍼灸院にしたいと思っています。そのためには、地に足の着いた地道な取り組みが必要です。

 

もっとも具体的な取り組みは専門分野の強化です。特定分野では、どこにも負けない最高水準の技術を追究しています。チームで協力しながら切磋琢磨する環境がここにはあります。

 

チームの力はスタッフ一人一人の個性に支えられています。どんなに技術が高くても、医療は人と人の関係です。機械的な対応では無味な現場になってしまいます。患者さんの悩みを深く知るには、一人の人間として向き合う必要がありますし、そうしたことが現場の味になっていきます。

 

同じくらい大切なのは、スタッフ一人一人の技術水準です。バラバラでは安定した医療にはなりません。そうしたことがないように、技術を統一させカルテを共有しています。

 

鍼治療の効果は身をもって知っています。実は、頭痛持ちでした。何をしても治らなかった頭痛が鍼治療で治ったのです。こうした実体験は現場でとても役立っています。患者さんの不安を理解できますし、鍼治療のプロとして何ができるのかを、しっかり考えることができます。

 

いかなる場面でも鍼治療がベストだとは言えませんが、鍼治療にしかできないことがあります。他の施設で難しい症状が解決するかもしれません。

 

カポスの鍼は怖くありません。安心して受けに来てください。不安があったら、その不安を私にお話しください。まずはその不安の解消から始めていきましょう。私がお手伝いします。

 

秋澤英樹の記事(ブログ)を見る

 

 

栗原誠(オーナー/鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師)

氏名 栗原誠 KURIHARA,Makoto 品川カポス代表(栗原誠)
出身 群馬県
血液 O型
趣味 スキー カメラ(FUJIFILM)
特技 好きに書くこと(鍼灸師のツボ日記
好きな映画 紅の豚 スティング インファナル・アフェア
好きな言葉 神は細部に宿る
免許証_はり_栗原誠 免許証_きゅう_栗原誠 免許証_あマ指_栗原誠
群馬で2002年に鍼灸院(養気院)を開業し、予約が取りにくいほどの人気に。2007年に古武術整体(活法)と出会い、古武術の身体観に衝撃を受け、鍼灸分野への応用に動き出す。2009年には、活法研究会を立ち上げ、鍼灸師向けの整体セミナーで運営と講師に力を注ぐ。2013年には、古武術の得た知識を鍼灸に応用する「整動鍼」を創出。現在も精力的に普及活動を開始する。カポスにもそのノウハウを注入している。徹底した現場主義でありながら、夜間や休日を使って執筆活動にも取り組んでいる。業界情報誌『温故知新』にて「鍼灸師のための経穴デザイン入門」を連載中。ポータルサイト『ヘルモア』にて「初めての鍼灸院選び」を連載中。

栗原から皆様へ

 

品川カポス代表 栗原誠

私たちの強みは何と言っても技術力です。少ないツボで大きな効果を出すために、新しい技術に積極的に挑戦しています。

 

鍼灸は感覚がとても重要な治療法です。極上の技は、研ぎ澄まされた感覚から生まれます。裏を返せば、鍼灸師によって効果にバラツキが出るという欠点を持ち合わせているということです。技術レベルを高水準でお約束するには避けて通れない問題です。

 

問題は解決しています。

 

私が考案した整動鍼は、方程式を解くように、その時に使うべきツボを簡単に導くことができます。経験や勘に頼る必要がありません。数学的に症状を分析できる唯一の技術だと思います。

 

この特性によって症例を簡単にシェアできます。つまり、仲間の経験をすぐに自分のものにできるのです。おかげで、私たちの頭の中にはたくさんの方程式が蓄積されています。

 

カポスのもう一つの強みはチームワークです。技術をみんなで高め合う環境があるからこそ、最高の技術を患者様に提供することができるのです。

 

私は、ほとんどの時間を群馬の鍼灸院(養気院)で過ごしているため、品川の患者様とお会いできる機会があまりありません。お会いできない分は、技術開発を通じて力となりたいと思っております。

 

栗原誠の記事(ブログ)を見る

 

 

  • ご来院の前に
  • 使用する鍼と方法
  • 技術へのこだわり
  • 診療日のご案内
    « 2017年11月»
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    • 定休日
    • 臨時休
  • 診療案内
    診療案内
  • アクセス
    品川駅からカポスまでのアクセス
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • 最近の投稿
  • ツイッター
  • 専門家・メディアの方へ
    取材依頼受付フォームへ移動
  • お気に入り
  • 群馬県の鍼灸院(養気院)
  • 鍼灸師のための古武術整体「活法研究会」
  • 鍼灸院ホームページ制作
  • カポスのクチコミと評判(ヘルモア)
Twitter