東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺
東京都港区-品川駅の鍼灸院|はりきゅうルーム カポス
スタッフブログ

緑の管理が難しい人に、レンタルグリーンという選択。

" 坂口友亮 "

2018年11月21日

坂口友亮です。

 

現在、カポスには3つの鉢植えが置いてある。

 

 

緑があると空間がなごむ。患者さんのためでもあるし、我々スタッフが快適に仕事をするためでもある。

 

管理はすべて業者さんにまかせている。季節ごとに別の種類の植物に変えてくれるので、飽きもこない。

 

なぜ業者さんにお願いすることにしたのか。

 

かつては自分たちで緑の世話をしていたが、これがなかなか大変だった。水をやりすぎてもいけないし、やらなさすぎもダメ。

 

ずっと部屋の中に置いておくと元気がなくなるので、休みの日は外に出したり、サーキュレーターで風を送ったり。

 

しかし一年ほど前、せっせと世話をしていたにも関わらず枯らしてしまった。これはイカンと思い、先輩の浦井に相談すると

 

「レンタルグリーンしてみる?」

 

と返ってきた。

 

グリーンはレンタルできる。それは知っていたが、大企業のエントランスに置いてあるようなイメージだった。しかし、浦井によると小規模のサービスもあるらしい。

 

オーナーに相談すると「月一万円までなら良いよ」とOKが出たので、我々は緑の管理を金で買うことにした。小学生が夏休みのアサガオ観察日記に「ぎょうしゃさんに おねがいしたら きれいなアサガオが さきました」と書いたら怒られるが、大人は問題ない。

 

早速、浦井が手配してくれた。

 

「中くらいの鉢植え二つと、小を一つ」

「あまり葉っぱが広がっていないもの」

「高さも高すぎないもの」

 

業者さんは、あれこれ出した注文を全て叶えてくれた。本当にありがたい。

 

1週間、3つの鉢植えを持ってきてくれた。30分もしないうちに設置は完了した。これからは月に二回くらい世話をしに来てくれると言う。

 

「そんなペースで大丈夫なのか」と思ったが、業者さんは緑のプロだった。緑の元気は見事に保たれている。こちらでやることは何もない。ほったらかしなのにイキイキしているのは、プロのノウハウがあるんだろう。

 

餅は餅屋。緑の管理はレンタルグリーンにおまかせである。

この記事を書いた人

はりきゅうルーム カポス(鍼灸師)

本物の鍼を追究するために大阪からやってきました。

患者さんに「鍼って本当に効くんですね」と言ってもらえた時に、鍼灸師としてのやりがいを感じます。

 

好きな言葉は「勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし」 趣味はサウナ。

 

≫詳しいプロフィールを見る

カテゴリー: 坂口友亮.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 03-6277-1455
  • 港区高輪3-25-27 アベニュー高輪901
  • ご相談・お問い合わせ
Twitter