東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺
オフィシャルブログ

群馬研修日記・浦井編(16)「値段がつけられない話」

" スタッフ研修, 浦井百合 "

2015年6月19日

今日の群馬も雨模様です。

 

今、養気院で飲んでいるコーヒーはこれ。エルサルバドル・エルレクエルド(長い!)というもの。最高においしいコーヒーです。

コーヒー

後ろは栗原オーナー。

さて、”カポスの院長も知らない!?栗原オーナーのひみつ25”の続きです。

 

おさらい↓

  •  割引になる回数券があるが”あえて”買わずに通院している患者さんがいる。
  •  リピートを勧めたりする様子が一切ない。

 

割引のある回数券を”あえて”買わないで通院する患者さんがいる理由。私には見当がつきません。

【私の考えた答え】

  • いつ養気院に行かなくなるか、わからないから(気まぐれ?)
  • まとまった金額の出費が痛いから
  • なんとなく??

(要するに分からない!)

養気院は、メンテナンス目的で通院している方もいます。そんな方にこそ回数券システムが喜ばれるのではないかと思いました。ところが、”あえて”回数券を買わないのは、そのメンテナンスとして通う方なのだそうです。

ますます意味が分からなくなりました・・・ギブアップ!栗原オーナーに答えを聞きました。

【栗原オーナーの答え】

正規の価格で受けたいと患者さんが望むから。

お金に対する価値観は、人それぞれだな~と実感しました。誤解がないように書いておきたいのは、回数券で割引になった価格も”正規の価格”だと言うこと。

ですが、”あえて”回数券を買わずに通うことで感謝の気持ちを表現する方もいる。その発想と状況にびっくりしました。

ちなみに、養気院では回数券があることをホームページで公開していません。回数券があるのは、集客やリピート目的ではないからです。本当に養気院に通うことが必要な患者さんにとって少しでも助けになれば、という思いがあって作っているもの。だから来院した患者さんだけが知っていれば良いと考えているのだそうです。

先程のコーヒー、実はお値段にもびっくりします。ですが、とっても美味しくて贅沢な気持ちになれるコーヒー。店主の方のこだわりが詰まったコーヒーです。それを考えたらお値段相応(もしかしたら安いくらい?)なのかもしれません。などと、考えながら飲ませてもらいました。

そんなコーヒーをがぶがぶ飲めてありがたいです。目が覚める思いです。

明日も研修は続きます!

この記事を書いた人

はりきゅうルームカポス(鍼灸師・柔道整復師)

 

「プロ格闘家の夫を最強にする鍼」を求めてカポスに入社。

最強とは「その人本来のポテンシャルを最大限引き出す事である」との考えで日々の臨床に挑んでいます。

 

カポスのインテリア番長。合理的で無駄がない空間が好きです。

猫派。

 

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー: スタッフ研修, 浦井百合.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter