東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺
オフィシャルブログ

高血圧が原因だと言われた頭痛が1回の鍼治療で改善した症例

" 秋澤英樹, 頭痛 "

2015年1月15日

明け方に突然ズキズキと始まった頭痛

9704dcb35534ab50b00c898caed6a079_s明け方から突然コメカミがズキズキと痛みだし、それと同時に頭頂部を押すとチクチクやビリビリと響いて痛む。

 

このような症状を訴える60代後半の女性。病院では高血圧が原因と言われ、不安でMRIの予約をして帰ってきました。ただ、持病で飲んでいる薬に頭痛の薬が加わることを懸念して鍼治療を検討。そして当施設にやってきたのです。

 

危ない頭痛なのか?

明け方に突然痛み出したということだったので、命に関わる頭痛(症候性頭痛)も視野に入れておきました。病院では、まだ精密検査をしていませんから。

 

問診で慎重に症状を確認し、歩行の状態などを診て、命に関わるような危険な頭痛ではないことを確認しました。当施設では慎重に頭痛のタイプを判断しています。

 

鍼ではどうするか?

2本目の鍼で、その場で痛みが3割程度まで減りました。残ったコメカミ頭痛(10型頭痛)に対応した鍼を仕上げに使うと、残りも消えてスッキリした状態になりました。

 

鍼で高血圧の治療をしたわけではありません。肩のコリを取る治療を行っただけです。当施設では、頭痛のパターンに応じた肩こり治療ができます。肩こりが引き起こす頭痛は緊張型頭痛のみと思われていますが、そうではありません。肩こりは、すべての慢性頭痛に関わっています。

痛みも不安も消えて、MRIはキャンセル

深呼吸する女性不安で入れてあったMRIの予約はその後キャンセルされたとのことです。鍼治療で頭痛が消えて、不安もすっかり消えてしまったようです。頭痛が消えると、ここまで心境が変わるのかと、改めて驚きました。

 

2回目の治療で頭痛はさらに改善し、その後も肩こりをきっちりと治すために通院されています。頭痛はあれから一度も出ていません。

この記事を書いた人

はりきゅうルーム カポス オーナー(鍼灸師)

群馬に拠点を置き、東京と往復しながら慌ただしく仕事しています。効果がわかりやすい鍼灸を求めて研究の日々。その成果をカポスにどんどん投入しています。

 

養気院 院長

株式会社 活法ラボ 代表

・一般社団法人 整動協会 代表

 

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー: 秋澤英樹, 頭痛.
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter