東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺

口腔アレルギー症候群(OAS)

口腔アレルギー症候群(OAS)とは

口腔アレルギー症候群とは花粉症とともに同時に引き起こされやすいものとして「OAS(oral allergy syndrome)と呼ばれる口腔アレルギー症候群です。

 

これは特定した食べ物を摂取することにより、痒み・ピリピリ・イガイガなどの症状が口・唇・のどなどに出る、一種の食物アレルギー症状です。さらに結膜充血・鼻水などの花粉症に似た症状に加え顔が浮腫んだり腹痛などがあります。また激しい症状ですとアナフィラキシーショックがあげられます。

 

(※アナフィラキシーとはじんましん、呼吸困難、意識障害、ショック症状の2つ以上の症状が引き起こされたときを言います。)

 

目安として、原因となる食べ物を摂取してから15分以内に症状が発症します。

 

このOASは、多くの花粉症と合併します。花粉症を起こすタンパク質成分(アレルゲン)と食物由来の成分に含まれるタンパク質成分が一部共通(共通抗原性)しているために起こります。

 

また、OASの患者さんはラテックスを含むゴムでも同様の症状が出ることが多いことから、口腔アレルギー症候群・ラテックスフルーツ症候群と呼ばれることもあります。

 

関連性の高い食物

有名なOASでは「カバノキ科」(シラカンバ・ハンノキ)の花粉症の、バラ科食物(りんご・モモなど) です。また、秋の花粉症として有名なキク科では、ブタクサのOASがウリ科(メロン・スイカ・キュウリなど)、ヨモギのOASはセリ科(ニンジン・セロリ)となっております。

 

花粉 共通抗原性が報告されている食物

カバノキ科

(シラカンバ、ハンノキなど)

  リンゴ、モモ、洋ナシ、イチゴ、サクランボ、スモモ、アンズ、ウメ、ビワ
セリ科 ニンジン、セロリ、フェンネル、クミン、コリアンダー
ナス科 ジャガイモ、トマト
その他

キウイ、クルミ、ヘーゼルナッツ、ブラジルナッツ、アーモンド

ココナッツ、ピーナッツ

イネ科 ナス科 ジャガイモ、トマト
ウリ科 メロン、スイカ
そのバラ科他 オレンジ
キク科(ブタクサ) ウリ科 メロン、スイカ、ズッキーニ、キュウリ
その他 バナナ
キク科(ヨモギ) セリ科 ニンジン、セロリ、フェンネル、クミン、コリアンダー
スギ科 ナス科 トマト

 

 

心配な方は病院で血液検査をしてもらうとよいでしょう。☆参考ページ≫血液検査

自分自身のアレルゲンを知って、取り入れない、近づかないなどの対策をしてみましょう。

 

  • 診療日のご案内
    « 2017年9月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 定休日
    • 臨時休
  • 診療案内
    診療案内
  • アクセス
    品川駅からカポスまでのアクセス
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • 最近の投稿
  • ツイッター
  • 専門家・メディアの方へ
    取材依頼受付フォームへ移動
  • お気に入り
  • 群馬県の鍼灸院(養気院)
  • 鍼灸師のための古武術整体「活法研究会」
  • 鍼灸院ホームページ制作
  • カポスのクチコミと評判(ヘルモア)
Twitter