東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺
オフィシャルブログ

群馬研修日記・浦井編(7)「破壊なくして創造なし」

" スタッフ研修, 浦井百合 "

2015年6月8日

こんにちは!浦井です。

 

私にとっての栗原オーナーは”破壊王”です。

 

今現在破壊しているのは、私の中の強固な”思い込み”です。

 

養気院で研修するようになって、自分には、たくさんの思い込みがあることに気が付きました。今までの経験上、なんとなくうまくいっていたことは自動的に”思い込み”に変換、蓄積されていたのです。

 

強い思い込みのひとつが、”手間と時間をかけないと患者さんを満足して帰すことができない”

というものです。

 

ひっくり返すと”手間と時間をかけることが、患者さんの満足につながる”とも言えます。

 

私は以前、”~円/~分”と決められた中で鍼をおこなうスタイルをしていました。変化が出る、出ないに関わらず、決められた時間は時間。守るのが大前提です。足りなくなることはあっても、早く切り上げることはあり得ませんでした。

 

ところが養気院では違います。短い時間でも、効果が出れば患者さんは満足した笑顔を見せて帰っていきます。やりとりはシンプルで明快です。清々しい信頼感が成立している関係です。

 

 

代金を支払う基準が、”時間”ではなく、”変化”という価値観。

カポスで治療を受けた際に、私はこの価値観が好きだと直感しました。

 

ただ、なかなかすんなりと自分の頭を切り替えられないのも現実です。

思い込みの書き換え作業は、楽しさと苦しさが混在しています。

 

 

群馬の破壊王には「こんなので辛いなんて、まだ序の口だ。地獄の一丁目だぞ!」と言われている気がします・・・。

 

ケーキ

 

ケーキでも食べて頭を切り替えていこう〜!(養気院の近くのケーキ屋さんで買いました)

 

 

明日も研修は続きます。

カテゴリー: スタッフ研修, 浦井百合. タグ: , , , , .
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter