東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺
オフィシャルブログ

カポス研修日記・浦井編(8)「活法にまつわる嘘みたいなホントの話」

" スタッフ研修, スタッフ雑記, 浦井百合 "

2015年8月15日

浦井です。

 

8月9日~10日の2日間、活法研究会の「活法セミナー☆骨盤編」に参加してきました!

 

活法(かっぽう)とは、日本に古来から伝わる整体術で、今ある整体術の源流とも言われているものです。カポスでは、鍼術に必要な体の使い方や、原因を見極める目を養うために、スタッフ全員が活法を身に付けています。

 

患者さんが増えすぎて困った話

今回の参加は2回目でした。前回の「肩こり編」でご一緒した方々と嬉しい再会ができました。こうした場で話題にのぼるのは、「活法を使った成果」について。

 

もっとも印象に残ったのが、11人のサッカー少年が押しかけてきたという話でした。

 

合宿直後のサッカー少年に活法をしたところ、その評判がママ友のLINEを通じて一気に広がり、その日の内にサッカー少年が11人一緒にやってきた、というのです。

ママ友のLINE

 

待合室に用意している席は4つ。席も手も足りないので、仕方なく帰ってもらい、昼休みに改めて来院して頂いたそうです。嬉しい悲鳴とはこのことですね。

 

来院した患者さんだけでサッカーチームが出来てしまう、まさかの出来事。

アンビリーバボーです。

 

そんな嘘みたいな話を聞いても「活法ならありえる」と思ってしまうのです。実際に起きた生のエピソードを聞き、活法の未知なる可能性を感じました。

 

ご縁のサイクル

カポスの治療は、できるだけ短い回数で卒業して頂くことを目指しています。そうすることで、次のご縁が生まれて、たくさんの方に手助けできる機会を頂くことができるようになっています。

 

その一員になるには、技術をきちんと身につけることです。活法を身につけて、鍼に活かします。練習あるのみです!

 

一日で講師のような達人レベルに到達するのは、さすがに難儀。参加者の方々にも助けて頂きながら一歩一歩。

 

撮られていた私の練習風景

ちなみに、私の練習風景をこっそり撮っていたのが栗原オーナー。

指導しているのが秋澤院長。お二人とも講師です。

 

 

浦井・骨盤編3付いていけない自分に、ふてくされた顔になりつつ。

 

 

浦井・骨盤編繰り返し練習!

 

 

浦井・骨盤編4「これかも!?」と感じた時には自然と笑顔に。

 

 

浦井・骨盤編5

そして、最後は全員でおなじみ「活法、いいね!!」ポーズで締め。

 

皆さん、とっても良い笑顔です。二日間、ありがとうございました。

よし、私も活法の達人になるぞ!

この記事を書いた人

はりきゅうルームカポス(鍼灸師・柔道整復師)

 

「プロ格闘家の夫を最強にする鍼」を求めてカポスに入社。

最強とは「その人本来のポテンシャルを最大限引き出す事である」との考えで日々の臨床に挑んでいます。

 

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー: スタッフ研修, スタッフ雑記, 浦井百合. タグ: , , , .
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter