東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺
オフィシャルブログ

スペイン講師日記・秋澤編(2)「初めての飛行機、コワイ。」

" スタッフ雑記, 秋澤英樹 "

2017年4月29日

院長の秋澤です。

 

前回からスペイン講師編がスタートしました。異国の地で感じたことなどをレポートできればと思います!
と、その前に。

 

スペインに行くにあたり、秋澤がクリアしなくてはいけないことがありました。
それは「飛行機」です。

 

私、海外どころか国内も含めて飛行機乗ったことなかったのですよね。飛行機ぐらいなんともないよ!と話を聞く一方で、飛行機で頭痛が出るという話も耳にします。私はビビりなので、後者の話を信じてしまいます…。

 

自分自身の作り上げたイメージで自分自身を分析すればするほど飛行機が合わなそうなのですよ。
それはなぜかというと、極度の車酔いがあって、陸でも気圧の変化で頭痛が出てしまうことがあるのです。特に車酔いはひどくて、車やバスや車は当然出るとして、電車でも時々酔いますし、ブランコは5往復すれば確実に吐きそうになるほどです。

 

また、数年前に友達の結婚式の後、朝までオールで過ごした時は、体のだるさと頭痛が抜けるのに2日かかったことがあるため、時差にも弱いと思っています。

 

つまり、飛行機を分析したときに

 

・乗り物として、酔いやすそう
・気圧が変化するから、頭痛が出そう
・時差があるから、寝るタイミングを失いそう

 

と、不安なことしかでてこなかったのです。
しかしながら、不思議なものでそこは鍼灸師。不安になるかたわら、一つのことが頭に浮かびます。

 

「あぁ、初めて鍼を受ける人もこんな気持ちなのかな…」と。

 

初めてというのは誰でも不安になるなと今回改めて気が付きました。カポスに来いらっしゃる患者さんは初めて鍼を受けると「あぁ、こんなものね!」と言ってくれますが、私も飛行機を経験して「あぁこんなものね!」と言いたいのですが…。果たして。

 

羽田を発つ前の秋澤

 

次回予告
初めての飛行機を目の当たりにし、大きさにビビりながら感動する秋澤。
第3話フライト編「飛びます、飛びまーす」。お楽しみに!

カテゴリー: スタッフ雑記, 秋澤英樹. タグ: .
トラックバック URL :  | トラックバック(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter