東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺

安全と安心

鍼治療

不安に対するケア

鍼施術前の説明不安が強いと痛くないものを痛いと錯覚してしまうことがあります。鍼(ハリ)治療が初めての方でも安心できるように、施術内容をわかりやすく説明しております。

きちんと消毒

手の消毒

施術前には必ず手指の消毒を行っております。施設も清潔に保っております。

無駄のない鍼(ハリ)

無駄のない鍼効果があいまいな鍼が一本でもないように、施術前に原因の特定と使用するツボの絞り込みを行っております。計画的な施術によって少数の鍼で大きな効果が得られるようになります。カポスでは、厳選した3~7本の鍼で症状のケアを行っております。

 

※鍼の本数と効果の大きさには相関関係がありません。

最小刺激

やさしい鍼刺激刺激量によっても効果が変わります。精度の高い鍼をするほど、刺激は少なくて済みます。カポスではミリ単位でツボを特定し最小の刺激で大きな効果が得られるように研究しております。

実際の感触

鍼施術中の笑顔初めての鍼(ハリ)治療では「痛くないのだろうか…」と心配になるのが当然だと思います。注射と比較されてしまうことが多いのですが、鍼灸(しんきゅう)用の鍼(ハリ)は、細くしなやかに作られています。髪の毛と同じくらいです。

 

鍼が接触する以上は無感覚にできませんが、「ほとんどわからない」という感想を頂きます。適切な鍼施術は眠気を誘います。

 

シール鍼(花粉症・アレルギー性鼻炎・慢性鼻炎で使用)

完全無痛な≪シール型の超微細鍼≫

シール型の超微細鍼 カポスの花粉症の治療が画期的な理由の一つは、超微細鍼(ちょうびさいしん)を使用することにあります。もともと、鍼灸師の扱う鍼(はり)は、微細なもので注射とは違って痛みがほんのわずかで時に無痛です。そんな微細な鍼をさらに小さくしたのがシール型の超微細鍼です。
超微細鍼を接写 ボールペンの先と比較すると、どれほど小さいかわかります。肉眼で目を細めてやっとわかる程度の大きさです。鍼はしっかりシールに固定されているので、シールをはがせば鍼も一緒にとれる仕組みです。日本の技術で精巧につくられています。鍼の長さは0.6ミリ。1ミリもないので皮膚に触れる程度。血が出ることもありません。
パイオネックスの中央部分の拡大図 これが超微細鍼の拡大図です。株式会社セイリンの「パイオネックス」という製品です。作りが極めて精巧で、痛くない工夫が緻密に施されています。実際に、この鍼で痛みを訴える方はいません。むしろ、これだけで本当に効くのかと疑いたくなるくらい無感覚です。

※パイオネックスは医師とはり師のみに使用が許可された医療用具です。一般の方は手に入れることができません。

超微細鍼を貼る 施術はとても簡単。花粉症のツボにシールをポンと貼るだけ。その瞬間も痛みは全くありません。小学生から受けられます。こんな微細な刺激でも効果がある理由は、正確なツボの位置に貼るからです。どこでも花粉症に効果があるわけではありません。

 

 

初めての鍼灸院

  • ご来院の前に
  • 使用する鍼と方法
  • 技術へのこだわり
  • 診療日のご案内
    « 2017年2月»
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728    
    • 定休日
    • 臨時休
  • 診療案内
    診療案内
  • アクセス
    品川駅からカポスまでのアクセス
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • 最近の投稿
  • ツイッター
  • 専門家・メディアの方へ
    取材依頼受付フォームへ移動
  • お気に入り
  • 群馬県の鍼灸院(養気院)
  • 鍼灸師のための古武術整体「活法研究会」
  • 鍼灸院ホームページ制作
  • カポスのクチコミと評判(ヘルモア)
Twitter