東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺

市販薬(OTC薬)

薬の分類

薬_イラスト2薬は大きく分けて「医療用医薬品」と「一般用医薬品」になります。

 

「医療用医薬品」とは病院で医師に診察してもらい、処方してもらう薬をいいます。「一般用医薬品」は、私たちの多くが市販薬と呼んでいるもので、薬局で購入する薬を言います。専門的な言い方をすると「OTC(Over The Counter)医薬品」といいカウンター越しにもらう薬という意味です。

 

医療用医薬品 病院で医師に診察してもらう処方薬
一般医薬品(OTC医薬品) 薬局で購入出来る薬

 

OTC薬(市販薬)の特徴

OTC(市販薬)は、医療用医薬品と同じ成分を使っていますが、誰でも買えるというリスクを考慮して有効成分の量が半分から3分の1に抑えられています。また、効果も一つのものに特化して効くというよりは、いくつかの症状に効くように作られているのも特徴です。

スイッチOTCとは

スイッチとは「転用」を表す意味で、医療用医薬品をそのまま転用している医薬品のことです。長く病院で処方されてきたことで有効性や安全性に問題ないと判断され、「薬局で市販してもよい」と承認された薬をいいます。薬剤師の方がいるお店で購入可能な「第1類医薬品」や、「第2類医薬品」のものに多いです。

 

分類 説明 対応する専門家
医療用医薬品 医師が自ら、または指導監督下で使用するものです。とくに制限はない 医者
一般用医薬品

(OTC医薬品)

第1類医薬品 OTC医薬品として使用経験が少ないものや、副作用・相互作用などの項目で安全性上特に注意を有するもの 薬剤師
第2類医薬品 副作用・相互作用などの項目で、安全性上注意を有するもの

特に注意するものは指定第2類とされる

薬剤師または登録販売者
第3類医薬品 副作用・相互作用などの項目で、安全性上多少注意を有するもの
医薬部外品 人体に対する作用が緩和なものであり、上記医薬品のように販売業の許可を必要とせず、一般小売りにおいて販売することが可能なもの なし

 

※代表的なスイッチOTC薬

・胃酸分泌を抑えるH2ブロッカーを含む胃腸薬 (ガスターなど)
・ジクロフェナクナトリウムを含むシップ薬   (ボルタレンなど)
・ニコチンを含む禁煙補助薬など        (ニコレットなど)

頭痛薬

頭痛に対する効果的な成分は、下記の6つの成分に分ける事ができます。

この6つを効果的に組み合わせることによってOTC薬は出来上がります。

 

製剤名 商品名 特徴
アスピリン 商品名 バファリン(ライオン)
特徴 プロスタグランジンの産生を抑えます。非常に良く知られているOTC薬で、あらゆる痛みに対して効果的です。また、眠くなる成分が入っていないのも特徴です。

15歳未満はライ症候群になるリスクがあるので使用を控えましょう。

※小児用バファリンは、病院と市販薬で成分が違うので注意が必要です。

(病院:アスピリン、市販薬:アセトアミノフェン)

アセトアミノフェン 商品名 タイレノール(ジョンソン&ジョンソン)、ノーシン(アラクス)【ACE処方】

小児用バファリン

特徴 プロスタグランジンの産生を抑える効果がありますがとても弱いです。脳の視床下部にて解熱を、視床及び大脳皮質にて鎮痛を行います。そのため胃腸にとても優しいです。小児用バファリンに含まれています。

アセトアミノフェン(Acetaminophen)単独では効果が弱いため、効果が高くなるようにカフェイン(Caffeine)・エテンザミド(Ethenzamide)を配合し頭文字から取った【ACE処方】として使用されたり、アスピリンと混ぜて使用されています。

イブプロフェン 商品名 イブ(エスエス製薬)、ノーシンピュア(アラクス)
特徴 スイッチOTCの一つで、他のOTC薬より解熱・鎮痛効果が高く、効き目が早く、胃への負担が少ないのが特徴です。プロスタグランジンの産生を抑えてくれます。

イブA錠、イブクイックには眠気を起こす成分が入っている(イブには入っていない)ので注意が必要です。

また、15歳未満の安全が実証されていないので使用を控えましょう。

イソプロピルアンチピリン 商品名 セデスハイ(塩野義製薬)
特徴 スイッチOTCの一つで、他のOTC薬より解熱・鎮痛効果が高いです。単独の使用では効果が限られているため、他の鎮痛成分と混ぜて使用されいます。

いわゆるピリン系の鎮痛薬となり、副作用として発疹が出る場合があります。

エテンザミド  商品名 ナロンエース(大正製薬)、【ACE処方】のOTC薬
特徴 アスピリンと同様の効果があると言われている成分です。プロスタグランジンの産生を抑えてくれ、アスピリンに比べ胃腸の負担が少ないのが特徴です。

また、アスピリンの様にライ症候群の心配がないのも特徴ですが、単独で入っているというよりは、【ACE処方】として使用されるケースが大半です。

ロキソプロフェンナトリウム 商品名 ロキソニンS(第一三共)
特徴 スイッチOTCの一つで、処方されるロキソニンと同じ成分になっており効果も同じです。従来の非ステロイド性消炎鎮痛剤とは違うプロドラッグ製法を使用しているため、効果はそのまま、胃には優しい薬になりました。

現在、薬剤師がいないと購入出来ない「第一類医薬品」となっております。

※ACE処方:アセトアミノフェン、カフェイン、エテンザミドの3つを処方した薬です。

  • 診療日のご案内
    « 2017年7月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    • 定休日
    • 臨時休
  • 診療案内
    診療案内
  • アクセス
    品川駅からカポスまでのアクセス
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • 最近の投稿
  • ツイッター
  • 専門家・メディアの方へ
    取材依頼受付フォームへ移動
  • お気に入り
  • 群馬県の鍼灸院(養気院)
  • 鍼灸師のための古武術整体「活法研究会」
  • 鍼灸院ホームページ制作
  • カポスのクチコミと評判(ヘルモア)
Twitter