東京都港区・品川駅の鍼灸院|頭痛・めまい・頚肩腕症候群・花粉症・アレルギー性鼻炎・耳鳴・突発性難聴・顔面神経麻痺

頭痛の分類

大きな分類

 

  種類 原因 痛みの種類

機能性頭痛

(慢性頭痛)

片頭痛 血管拡張による

脈拍と同じズキンズキンする

緊張型頭痛

筋収縮性(筋緊張)による

スッキリしない

頭が重い

締め付けられる

群発性頭痛

原因不明

気圧や内頚動脈と関連の可能性

目の奥がえぐられるように痛い
症候性頭痛 危ない頭痛 脳梗塞やくも膜下出血など

激痛

ハンマーで殴られた様な痛み

 

 

片頭痛と緊張性頭痛の比較

 

   片頭痛  緊張性頭痛
痛み 拍動性(ドクンドクン)

締め付けられる感じ

圧迫感

痛む部位 片側も両側もあるが、強さに左右差がある 両側性が多い
時間 発作的に起きる  
悪心・嘔吐 伴うことが多い ない
前兆 閃輝暗点、生あくび、アロディニア 肩こりが悪化すると出現する人が多い
増悪因子 運動や頭を振る動きで悪化。

寝すぎ、飲酒(特にワイン)、低気圧

女性ホルモンが影響する

精神的・肉体的ストレス

姿勢不良

好発年齢 30歳以下が多い 30歳以降もある
遺伝性 関係ある。特に母親から娘に遺伝する。 直接的にはあまり関係ないと言われている。
性差 女性に多い(4倍) あまりない
随伴症状 光・音・臭いに敏感になる 肩こり、めまい

 

  

症候性頭痛(危ない頭痛)の分類

 

症候性頭痛 検査法 症状や特徴
くも膜下出血

脳CT

髄液検査

「ハンマーで頭を殴られたような激しい痛み」と表現される頭痛。
脳梗塞 脳MRI 突然起こる片側の手足の脱力、半身のしびれ、呂律が回らずしゃべりにくい、思った通りの言葉が出ない、視野の半分が見えにくい、歩行がふらつくなどが代表的な症状。
脳腫瘍 脳CT
脳MRI

悪性と良性がある。症状は頭痛・吐気・嘔吐が見られ、発生部位により一側上下肢の運動麻痺、言語障害、視力障害などが見られる。

慢性硬膜化血腫

脳CT

脳MRI

60歳以上の男性に多く、早期痴呆症との区別が難しい。

典型例では、軽微な頭部外傷を受けた後、数週間たって起こってくることが多い。

  

 

 

患者様の声(頭痛編)

  • 診療日のご案内
    « 2017年4月»
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    • 定休日
    • 臨時休
  • 診療案内
    診療案内
  • アクセス
    品川駅からカポスまでのアクセス
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • 最近の投稿
  • ツイッター
  • 専門家・メディアの方へ
    取材依頼受付フォームへ移動
  • お気に入り
  • 群馬県の鍼灸院(養気院)
  • 鍼灸師のための古武術整体「活法研究会」
  • 鍼灸院ホームページ制作
  • カポスのクチコミと評判(ヘルモア)
Twitter